プロフィール

中古コピー機マスター

Author:中古コピー機マスター
中古コピー機を購入する際の参考になればと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- |  |

中古コピー機について

中古コピー機とは、コピー機の消耗パーツを新品のパーツに交換して清掃したリサイクルの中古コピー機です。

中古コピー機にも新品のコピー機と同様にメンテナンス・保守サービスがあります。
新品よりもコピー機自体の価格は安く、コスト(メンテナンス料金やチャージ料金)も安くなっています。
新品コピー機よりも中古コピー機も選択肢の一つとしてメリットはあると思います。

機種・性能に関しては、1つ前の機種になりますが、最新のコピー機に搭載されている機能が必要でないということであれば、間に合うと思います。
基本、コピー・FAX・プリンタ・スキャナであれば1つ前の機種でも十分使えます。

中古コピー機には、各メーカーが提供している物意外に、専門の中古コピー機を販売している会社があります。

近年、インターネットが普及されたため、ネットでの中古コピー機を販売されている会社も数多く存在し、使用年数も少なくきれいな新古品を探すことも容易になり、購入後のメンテナンスであったりのサービス面での比較もできるようになりました。

一度インターネットで「中古コピー機」と検索してみてください。
スポンサーサイト

コピー機を購入する際の注意点

ここ数年デジタル複合機が普及し、以前のアナログコピーと違い、FAX・プリンター・スキャナの機能が付加し、いろいろな補正をすることができるようになりました。

いろいろな機能が付加し使いやすくなったのですが、デメリットとしては複合機のどこかの機能に不具合が生じた場合、すべての機能が停止してしまうということです。

そういったことがない様に、中古コピー機を購入される場合には使う用途を予め考えておくといいでしょう。

中古コピー機の保守契約について

中古コピー機を購入する場合は保守契約を結ばないと、何かトラブルがあった時の修理代が高くなります。出張料だけで1万円くらいかかる時もあります。
中古コピー機を購入する際は保守契約も合わせて考えることをオススメ致します。

中古コピー機・保守共に扱っているアットコピーが中古品専門店です。
何かあった時は相談してみてください。

コピー機購入する際はリース?買取?

中古コピー機を購入する際はリースか買取かはサービスよりも経理上での違いで決める方がいいと思います。リースの場合だと勘定科目はリース代で一発経費で計上できますが、買取だと資産勘定となり減価償却がつきます。
確かにリースの方がかなり高くなりますが、契約終了後はリース先もその商品の引き取りが面倒なので、再リースの契約か買取を言われると思いますので、中古でいいということであれば新品時はリースでその後買取でも良いのではないでしょうか。

コピー機の購入を検討されているのであれば、中古コピー機専門店のアットコピーへご相談下さい。

中古コピー機を購入した場合のコピー代について

新品コピー機の場合
リース料金+1枚あたりのカウント料金(メンテナンス込)+用紙代金

中古コピー機の場合
本体購入価格+トナー代(メンテナンス料金含むか含まないかにより故障が起きた場合の金額が異なります)+用紙代

よくリサイクルとして裏紙やリサイクルのカートリッジを使う場合は故障の頻度が高くなるので、注意して下さい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。